知っておきたい脱毛活用法

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 債務整理には多少のデメリットも起こり

債務整理には多少のデメリットも起こり

債務整理には多少のデメリットも起こりえます。
債務整理に陥るとクレジットカードなどの全ての借金が困難になります。ですから、お金を借りられない事態となってしまい、現金のみで買い物をすることになってしまいます。
これはとても厄介なことです。借りたお金の額が多すぎて、どうしようもなくなった時は弁護士や司法書士に助けてもらいましょう。



もうこれ以上は返せないという場合は自己破産という手順がふめます。



数年間は海外旅行ができなくなるなどの制限が発生しますが、借金はチャラになります。
個人再生という措置をうけるには、収入が安定していることなどの一定条件があります。


自己破産は特に資産を持っていない人だと、簡単な手続きですみますが、弁護士に任せないと手続きを一人でするのはとても厳しいです。
自己破産に必要な費用は平均で総額20~80万円程度と高いですが、この費用は借金でまかなうことは不可能なので、ちゃんと手元においてから相談したほうが良いです。

私は多数の消費者金融からお金を借りていたのですが、返せなくなって、債務整理をしなければならなくなりました。債務整理のやり方も色々あり、私が行った方法は自己破産だったのです。一旦自己破産すると借金を清算することができるので、負担が軽減されました。
全ての借金をなくすことのできるのが自己破産の制度となるのです。

借金で辛い毎日を送っておられる方には喜ばしい助けの手ですよね。


ただし、メリットだけではございません。



言うまでもなく、デメリットもあります。
家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストというものに載る為、新しく借金は出来なくなります。

任意整理をやっても、そんなにデメリットなどないと考えてしまいがちですが、実際にはちゃんとあるのを知っておられますでしょうか。

それは、官報に載ってしまうということです。

噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性もあるということです。



これが任意整理のもっとも大きなデメリットだと言えるのかもしれません。

個人再生にはある程度の不利なことがあります。
一番大きいのは高額であるということで、減額した以上に、弁護士に払う金額が多いなんて事もあります。
しかも、この方法は手続きが長期間になるため、減額になるまでにたくさんの時間を要することが多々あります。債務整理ができた後は、携帯の支払いで分割ができない状態になってしまうでしょう。

これは携帯電話代の支払いを分割にすることが、借金をしていることに該当してしまうためです。

そんなわけで、携帯電話を買いたいのならば、一括払いで買うようにするしかありません。
債権調査票とは、債務整理をする際に、お金をどこでどれほど借りているのかをはっきりとさせるための書類です。



お金を借りている会社にお願いするともらうことができます。ヤミ金の場合だと、対応してもらえないこともありますけれど、その際には、書面を自分で用意すれば大丈夫です。


債務整理をしたことがある友人からそれについての経緯を聞き知りました。毎月ずいぶん楽になったそうでとても良かったです。



私にも色々な借金がありましたが、今は全て返し終えたので、私には関係ありません。債務整理には短所もありますから、全て返しておいて良かったです。
B-UP 市販