知っておきたい脱毛活用法

人気記事ランキング

ホーム > 現金化 > 一般社会のグレーゾーン業種について

一般社会のグレーゾーン業種について

世の中には様々なグレーゾーンと呼ばれる業種やサービスがあります。

2010年6月18日に施行された改正貸金業法以前までは大手金融会社でも行われていた返済金利設定もグレーゾーンでの設定が多く存在しました。

利息制限法ではそれぞれの金額に応じて20%から15%となっていましたが、実際の金利はいわゆる出資法上での上限金利29.2%で設定する会社が多くあり

いわゆるグレーゾーン金利である20%~29.2%での貸し付けが主流となっていました。

また街中でよく見かけるパチンコ店もグレーゾーンです。

日本の法律では民間での博打は禁止されていますが、パチンコ店でもらった景品を専門の買取会社が換金することで博打とみなさない暗黙の了解があり、今日でも営業が行えております。

少し前までは美容室でカットのみのサービスを行うことも違法行為となっていました。

美容室でカットを行う場合には法律上ではカラーやパーマをセットで行わなければならないのですが世間ではその認識は薄く、グレーゾーンとなっており実際に逮捕者などは出ていません。

(ちなみに安部首相が美容室でカットのみ行っていることを野党が国会で攻めていたのを覚えている方も多いと思います。それ以降にこの法律は改正になったようです)

 

反対に理容室でパーマのみ行うのも違法となります。

食に関しては牛生肉の提供は現在では禁止されていますがレバーを除く内臓肉の提供は禁止されていません。

しかし保健所の見解では提供しないことを呼び掛けているためこちらの提供している焼肉屋さん等もグレーゾーンと呼んでよいでしょう。

クレジットカード現金化と言うクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為もグレーゾーンです。

法律上での違法行為はありませんがクレジットカード会社はこの行為を認めていないことや過去に悪徳業者が多く存在したことからグレーゾーンと認識されています。

グレーゾーンとは利用者の考え方ひとつで黒にも白にもなります。

ここで紹介したサービスを利用する際には実際にご自身が利用する必要があるかをしっかり考えた上でご自身の中では白と判断して行うことが大事だと思います。

最後に紹介したクレジットカード現金化に関してはこちらのサイトなども参考にしてみてください⇒ネオギフト評判


タグ :